洋楽

Green Day!八年ぶりの来日!!入門編ベスト3!!

更新日:

 

 

はいな!Sizakiです!

 

いやあ~、きましたね!

 

新しいアルバムをリリースして、

 

Green Day 8年ぶりの来日!!

 

ちなみに日本公演は、

 

2020年3月25日に大阪・インテックス大阪!

 

2020年3月27日に東京・幕張メッセ!

 

にてライブを行います!

 

たまらねえぜ!

 

もうね、伝説的なパンクバンドの彼らですから、

 

知らない方はいないんじゃないですかね!?

 

と、言いつつ知らない方のために、

 

Green Day 入門編ベスト3!!

 

やっていきたいと思いますよ!

 

ちなみにこれから挙げるベスト3は、

 

超・超・超メジャーなものです!!

 

代表曲を3つご紹介いたしますので、

 

気軽な感じで見ていってくださいね!

 

Basket case

 

 

まず、Green Dayを知った方はこのアルバムから入った方も多いのではないでしょうか?

 

それくらいファンの中では有名な作品であり、大ヒットしたアルバムでもあります!

 

その中でもSizakiが初心者の方に聴いてもらいたいのは、

 

Basket case

 

こちらは特に人気の高い曲になっております!

 

軽快なパンキッシュなリズムに青少年の憂鬱な日々を歌詞に乗せてます。

 

そこにVo.のビリーのフラットな歌声が非常にマッチしている作品。

 

耳触りの良い歌詞ではないのですが、

 

むしろGreen Dayの良さは、ある意味ではとてもリアルな部分を、

 

赤裸々に歌っているところかもしれません。

 

 

 

Minority

 

 

こちらも有名な曲ですね。

 

個人的には一位レベルで好きな楽曲です!

 

この楽曲、マイノリティは、

 

「俺は少数派になりたいんだ!」

 

「ぶっ壊せ!お前はお前だろ!」

 

と、マジョリティ(多数)の中で没個性こそ正義というものに対抗するような歌詞。

 

歌詞だけ見ればハードロックに近いリズムを想像するのですが、

 

マイノリティのリズムはとっても軽快です!

 

思わず身体がリズムを取ってしまうくらいに爽やかです。

 

今でも人気な理由がわかりますね。

 

歌詞とは裏腹に明るいメロディは聴く人を楽しませることにも成功しています。

 

 

 

American Idiot

 

 

そしてGreen Dayの中でも問題作と呼ばれ、

 

アメリカで賛否を巻き起こした楽曲がこの作品。

 

アメリカを風刺する歌詞で、

 

「バカなアメリカ人になりたくねえんだよ!!」

 

「俺は保守的なやつらと一緒になりたくない!」

 

「バカなアメリカ人になろうとすんなよ!!」

 

といった具合に(意訳ですが)、アメリカという国を強く非難する内容となっています。

 

これは本当に賛否が巻き起こったようで、問題作であり名作でもあります。

 

先述しましたが、本当にビリーは赤裸々に発信していく。

 

それがGreen Dayの魅力ですね。

 

そしてその楽曲は批判されつつも受け入れられるアメリカという国も素晴らしい。

 

これは持論ですが、音楽は自由であるべきなんですよね。

 

なにを歌ってもいい。

 

なにを叫んでもいい。

 

疑問に思うこと、ふざけんな!って思うこと、

 

くそったれ!!って叫んじゃってもいいと思うんです。

 

お口が悪いわよ、Sizaki。

 

でも音楽だからこそ、出来る可能性を私は信じてます。

 

人を癒すことも、激情に駆り立てることも、熱くさせることも。

 

そういった楽曲が、今の時代、窮屈な世界に必要なのかもしれませんね。

 

 

-洋楽
-, ,

Copyright© エンターテイメントコレクション , 2020 All Rights Reserved.